プロフィール

あゆ

Author:あゆ
40才になってからロードバイクにはまってしまいました。PINARELLO(ピナレロ) PARIS(パリ) 50-1.5に乗っています。今年は嫌ですが、速くなるためにヒルクライムを頑張ります!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

PINARELLO(ピナレロ)の白いヤツ!
40才を過ぎてからひょんなことからはまってしまったロードバイク乗りの日記です。他のことも書くかも知れませんが、主にロードバイクことになると思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S-WORK TARMACを見に行ってきた
仕事帰りにSPECIALIZED東京に行ってきました。
ここです。

場書は以前あったなるしまフレンドさんの近くではなくて、西新宿の奥の方です。

小物なんかも売ってます。


以前も来たことはありますが、今日の目的はNewTARMACを観るため。あくまで目の保養です。

実物は富士ヒルの前日受付の時に見ていますが、その時は時間が無くてじっくり見れませんでした。

今日はゆっくり見れます。
これです。


違う色


ツールでも3チーム供給(使っている)している訳で、コンタもニバリもクヴィアトコウスキーも乗っています。
欲しいぜぇ。買えないけど。

実は、TARMACはPARISを買う前に検討し、試乗もしましたが、硬くてとても乗れる気がしませんでした。
事実、NEW TARMACとSL4比較する記事を読むとSL4は小さいサイズほど硬く、大きくなるほど柔らかくなっていたようです。(通常のロードにも言えます)
私のようなチビには、ただでさえ硬いバイクが更に硬くなってしまう訳です。
今回は、ジオメトリをサイズごと見直すことで、この辺は相当改善されているようです!ますます欲しくなります。

が、フレームだけで45万しますからね。買えるわけがありません。でも、F8やC60の価格を見た後だと何てお買い得なんだと思っちゃいます。

とはいえ、自転車はエンジン。こういう物に乗って恥ずかしくない実力をつけなければ。
いい目の保養は出来ましたので、明日も朝から走りたいと思います!


私のパリは入院中
サッカーワールドカップ、いい試合が続いてます。
サッカーの質だけなら各リーグやチャンピオンズリーグなどの方が圧倒的に上だと思いますが、やはり4年に一度の国の威信をかけた戦いは熱いです。特にベスト16は面白かったです。
お陰で超寝不足の日々を過ごさせて頂いております(=_=)
やっと土曜日まで休めますが。

さて、本題。
このところ朝練のブログを書いておりませんが、単純に乗れてないからです。
では、なぜ乗れてないかというと、
こんな事になっているからです。
ブログに載ってしまいました。

先日ライドに出かける際、少し異常を感じていました。
症状としては、ハンドルの動きが渋く、特に体重をかけると動きがよくかけないと動きが悪いというもの。

ショップに持っていくとはじめを原因が分からず、フロントフォークを外し上下のベアリングを外して見て初めて正体がわかりました。

上のベアリングが完全に錆びていたんです

う~ん、一年でこんなことになっちゃうのね。それは如何なものなんでしょうか?

おそらく汗が入って錆びたんでしょうけど、1年ちょっとでそれも室内保管、雨ではほとんど走っていないのにチョットお粗末じゃないでしょうか?

カーブに高速で突っ込んだら曲がれなかったなんてことがあったら超怖いです。


ショップ様に色々お世話になって今のところ退院は金曜日。

てなわけで朝練せず、ワールドカップ三昧の日々となったわけです。


DOGMA以外のPINARELLO乗りの皆さん、ご確認と点検を是非。
プチ激坂ライド番外編 試乗会
プチ激坂ライドからもう一週間がたちます。楽しく印象深いライドでした。

最後の埼玉のラルプ・デュエズのインパクトが凄かったので、他の出来事が薄くなっているのですが、 take-iさんのこの記事に触発され、昼食前のプチ試乗会ことを書きたいと思います。

一本杉峠を下り終え、黒滝三本の入口で一休みします。というより、私を待っていて頂いた感じですが。

今回は参加の皆様のべダルは、全員SHIMANO SPD-SLです。 そこで、皆さんのバイクのプチ試乗会アンド見学会をさせて頂きました。(一台は乗りたくても乗れませんが。)

まずは、
今回のルートと引いて頂きましたyabooさん" の
SPECIALIZED SECTEURです。


SPECIALIZEDは、個人的にも好きなブランドです。私もPARIS購入に際し、最上級モデルのSタマやベンジを検討しました。Sタマは最後に残った一つです。(硬くて歯が立たなかったので断念しました)

ロードバイクの本場はヨーロッパ。サイズもある程度大きいモデルが基本に作られています。やっぱり、このくらい大きさがあるとカッコイイですねぇ!シートポストも長くて羨ましいです。持たせて頂くと若干重いですがこれで山をスイスイ登るyabooさんは凄いです。

しかし、乗ることはできません…。
それはあまりにもサイズが違うから…。
yabooさんは背が高いですからね。
ご自身のブログ(こちらの記事)にも書かれていますが、逆にyabooさんは誰のバイクにも乗っていませんでした。(すみません(汗))
もうすぐ、新たな相棒がやって来るとのことですが、2台体制でさらに楽しみが増しそうですね。2台目もまた見せて下さい!

続いては、今回ははじめましてでした 24WEさん
RIDLEY EXCALIBUR


黒でまとめられてカッコイイ。実はRIDLEYも結構検討しました。それこそこのEXCALIBURの後継にあたる、2013FENIXは価格が比較的安く(14万くらいでした)、性能はあの石畳でプロが乗って勝つわけですから、最高ののコストパフォーマンスです。RIDLEYは価格に対して総じて性能が良い気がします。

こちらは乗せて頂きました!
take-iさんのブログにもあるとおり、まずは、乗り心地が良い!
でも、少しだけしか乗ってないのにインプレなんてできませんが、ただ乗り心地が良いバイクではない気がします。中高速でも伸びる気がします。クセがなくレースでもロングライドも山も行けるのでは?(あくまで、ド素人の感想ですよ、間違っていても許してください)
走っている姿を見て24WEさんの乗り方が上手いのでしょうけど、とても一体感がある感じしました!


最後は今ライドの主催者のtake-iさんの
TREK MADONE5.2


こちらも黒ですねぇ。締まってます。
TREKといえば、カンチェラーラです。一番好きな、ロードレーサーの一人です。よって欲しかったんですよ、MADONE。でも試乗した時に僕には残念ながらピンとこなかったんですね。
ただ今回乗せて頂き、印象は全然違いました。(あの試乗は何だったんだ)
凄く進みます。僅かな登りでしたが、少なくともPARISよりは登りは強い気がします。それも直進安定性もいい。
また、一体型のブレーキです!空力的に優れているのでしょうね。走るために生まれてきたバイクです。
アメリカ系とヨーロッパ系の違いを感じます!

一緒に走らせて頂くと走る以外に人のバイクを見たり触ったりそれについて話したりと楽しいことが多いですね。

勝手に人のバイクを紹介しちゃいましたが、ホイールやコンポも触れたいのところ。でも長くなるので、このへんに。

また一緒に、走ってバイク談義したいところです!
PINARELLO PARIS(ピナレロ パリ) 2013の重さ
当ブログに『ピナレロ パリ 重量』と検索されてお越しになられる方がけっこ多いので、この度測ってみました。

私は、あまり重量を気にしていませんでしたので、測ったことがなかったですが、現在の状態で、7.6kgでした。

私のフレームは、2013のPARISで
フレーム:PARIS® 50-1.5 Carbon 50HM1.5K Torayca®
フォーク:Onda™ FPK Carbon 50HM1.5K 1” 1/8 1” 1/2 Asymmetric integral system
シートポスト:フレーム付属です。
サイズは46.5。

フレーム以外の現在のスペックは

ホイール:FULCRUM RACING3 2WAY-FIT(2012)11速対応フリー交換 1595g
タイヤ:Hutchinson Fusion3 tubeless 280g×2=560g
コンポ:SHIMANO ULTEGRA 6800 EX) SM-BB9000(DURA-ACE)2339g
ハンドル:DEDA ZERO100 248g
ステム:DEDA ZERO2 135g
サドル:fi'zi:k FDJ ALIANTE GAMMA K:iumレール TEAM EDITION 2012 259g
バーテープ:fi'zi:k TEAM EDITION 2012付属品 80g
ペダル:SHIMANO 105 322g
ボトルゲージ:ELITE Sior Mio Race 40g×2=80g
サイコン:キャットアイv3 64g
です。
この状態で、測っています。
※上記重量は、基本カタログ値です。

上記を足し込むと約5.7kg

実測の7.6kg-5.7kg=1.9kgがフレーム、フロントフォーク、シートポストの重量になります。
(厳密に言えば、ケーブルも含まれています)
これは測ったわけでも、メーカー表示があるわけでもないのであくまで一般的な商品の数値ですが、
フロントフォークが、300~400g
シートポストが250~300g
シマノのブレーキ、シフターワイヤーのそれぞれアウター、インナーの合計が約250g(長さによりますので、あくまで大体です。)ですので、大体平均して見るとおよそ900g。

そうなると、1.9kg-0.9kgで

1kg(1000g)
が、フレームの重量になります。

もともと言われていることですが、PINARELLO PARISは、決して軽いフレームではありません。トップモデルのDOGMAからPINARELLO全体に言えることです。
30km/hを超えてからがこのバイクの真骨頂だと思っていますが、そんなことにも重量は関係しているかもしれません。

改めて計測してみてやっぱり、ホイール、タイヤが重いですね。練習にはとても良いですが、レースやヒルクラには少し物足りません。(ただの物欲と脚のない言い訳ですが、汗)

ホイール、タイヤ、ステム、ペダルは、前からの使い回しなので、まだまだ軽量化が図れます。この辺りを変えれば、UCI規定の6.8kgも切れると思います。UCIのレースに出れるわけではないので、関係ないですけどねぇ~。

昨今の軽量フレームに比べれば、やはり、重いほうかもしれません。ただ、ヒルクラに特化しなければ、全然問題ないと思っています。

何かの参考になれば!
サイクルモード
11/4の最終日サイクルモードに行ってきました。

当初、お金を出してまで行くつもりはなかったのですが、PINARELLOのファンサイトであるピナクラブから招待券をいただきましたので、急遽行くことに。

ピナクラブさんありがとう!


11/2はレース、その流れで11/3は鴨川シーワールドと予定があったので必然的に最終日になりました。

どうせ行くなら自走するつもりでしたが、天気は残念ながら雨。
予報は回復傾向ですが、全然止まないので、電車で行くことにしました。休みの日に電車で且つ遠出はしたくないのですが、天気には勝てません。それに昨日も幕張を鴨川からの帰りに通過したし、なんか損した気分です。

前日までの疲れもあり、昼頃の到着を目指してのんびり家を出ようとする頃、JCRCの同一レースに出たことをきっかけに交流があるちゃりんこ役場のtake-iさんから連絡があり、会場にいるとこのと。

このtake-iさんとは何度か一緒に走ろうとしているのですが、雨で流れ続けてきました。

12時過ぎ頃、幕張メッセに到着し、なんの下調べもない私は会社の仲間が来るまでぶらっと見て回っていると、take-iさんから連絡があり、キャットアイブース付近でお会いできました。
サイクルジャージではなく、私服でお会いすることになると思ってもみませんでした。
しばらくご一緒させていだだき、私の会社の仲間が到着した頃、11月中のライドのお約束をして、お別れ。
take-iさん、昨日はありがとうございました、是非今月中一緒に走りましょう!

その後、会社の仲間と合流し、ぐるぐる回ります。

レースをやるようになってパワーメーターが欲しいこの頃ですが、GARMINのパワーペダルほしいけど、高すぎます。
でも、漕がせていただきました。

こんなのも漕ぎました。

楕円は初めてでしたが、なれるまで違和感が少しありますが、すぐ慣れ意外に漕ぎやすかったです。

あとはサドルサイズを測ってもらったり、シマノの新しいポジションシステムを見たりしました。これはちょっと楽しみです。

私の今後の最大の大物買いになるであろう、ホイールです。

こちらか


こちら


あとは、ミーハーに自転車連発
ハイ、フルーム様


ルイコスタ様


ついでにドグマ3連覇のポールスミス


あとゴリラ様、いやグライペル様


こんな看板もありました。フィジークですね。


まだまだいっぱい撮りましたが、この辺にしないとえらい事になりますで辞めときます。

アメリカ系が参加されていませんが、楽しいイベントでした。
来年は自走かつもっと早く来て楽しみたいなぁと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。