初の300km超え、渋峠ライド

2 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/25、渋峠に行ってきました。
この週末は丸1日時間をもらえました。逆に8月の一週目は町内会のお祭りのお手伝いと片付け、その翌週も家族旅行の為ほとんど走れないのでここはしっかり走っておきたいところです。
そんな中、ふと渋峠に行きたいと思ったことが始まりです。
片道170km越えなので走れるところまで走って帰りは輪行というプランです。

---------------------------------------
前日の金曜日早く帰れず、睡眠時間は十分に取れず寝たか寝ないかわからないぐらいで2時に起床。

2時45分出発。


小川町までは通いなれたK30で、その後はR254で寄居町まで走り一回目の休憩。

ここまでは暑さを感じるも夜明け前なので順調。
しっかり補給をしてR254でさらに藤岡方面を目指しますが、この時間なので比較的空いていて順調に走れます。ただ、あまり変わり映えのしない景色に飽きがきます。

R254の白石という交差点を右折してK173へ入り高崎方面へ。途中R17からR406へつなぐ予定でしたが、曲がるところを失念していつの間にか碓井川沿いを走っています。
このままだと安中に行ってしまうので地元のランナーの方に道を聞き碓井川を渡って


碓井川サイクリングロードを走り、

K137を使ってR406の無事合流。

高崎里見のセブンで2回目の休憩。

ここまで薄曇りでしたが、しっかり太陽が顔をだしはじめ、まだ7時過ぎというのに頭から水をかぶります。

ここからはR406をひたすら草津まで走る予定。途中大戸の交差点でK58でR145も視野に入れておきます。
スタートしてしばらくは車も多かったですが、室田の交差点を過ぎると車も減り走りやすい。ただ、このあたりからは登りも徐々に出てきます。倉渕温泉までの上りもそこそこですので結構脚にきました。

ピーク。


その後、一旦大戸まで下りここで運命の分かれ道。


このままR406を行けば峠越えの道。右折してK58をいけば、距離は長いものの下りで郷原に行きR145で長野原へ向かうルート(帰りに想定している道)が使えます。
倉渕温泉で脚を使っているので後者のルートを取りたかったですが、いざとなれば輪行すればいいという思いが脳裏をよぎり、ついつい峠越えを選んでしまいました。
これが間違いの元。
出だしは大した斜度ではありません。

ですが8時半過ぎですが27度越え。


そして徐々に斜度を増し、最後はかなりの斜度と九十九折。おいおいこんなにキツイの?上れど上れどなかなか着かず。

ここ、須賀尾峠っていうですね。(帰ってきて知った^^;)


景色がないことやそこまでの峠だと思っていなかったのでダメージは今日イチでした。。。


下りは車もほとんど来ず気持ちいいのですが、まだ下るの?ってくらい下ります。これだけ上り、これだけ下ると須賀尾峠上らなければよかったというのが本音です・・・・。

ともあれ下りきって、R145と合流しました。


須賀尾峠でしっかりやられたので、近くの酒造観光センターで一休み。本来は草津まで行くつもりでしたが、とても無理でした。
完全なドライブイン的な感じで大型バス結構休憩していました。

水分補給をして、再度草津に向けて出発。大津の交差点を過ぎると斜度を増していきます。ゆっくり上りますが、もう結構ヘロヘロです。この冬スキーのリフト券を買ったセブンがあるのは知っていましたので、何とかそこを目指します。

まったりした速度で到着し千葉から来たローディーと話をしながら、ここで大休止。
水分や単なる補給だけでなく、弁当も食べてしっかり休みを入れました。
う-ん、結構バテたな。

長時間休んで渋峠を目指します。
草津の繁華街を抜け、草津スキー場からが本格山岳です。


前半は、峠道ですの景色はありません。徐々に高度を上げ上がるとともに素晴らしい景色が目の前に現れます。



ロープウェイの山麓駅は休憩等できるようですが、


山頂のレストハウスは駐停車禁止区域です。補給できる場所は山麓駅付近が最後になりますのでこれから行く人はお気を付けを。

いい天気でいい景色です。












白根山までは何とか上りましたが、ここからが想像以上にきつかった。
5kmくらいでしたので少しなめていました。160km以上走ってきた身には相当こたえます。
両足のハム、四頭筋、ふくらはぎがピクピクいっています。たぶん相当遅い速度で上ったと思います。景色を見たり写真を撮る余裕はほとんどありませんでした。

もう帰りたいと本気で思った頃、ゴールが見えてきました。
そして歩くくらいの速度でゴール。





なんとか渋峠まで走れました。


去年の富士あざみライン自走ライドよりきつかった印象です。
やはり、長く走ったあとの坂は堪えます。
ただ、これだけ足を攣るとちょっと課題ですね。去年のあざみでも足を攣りましたし、今年の富士ヒルでも攣りかけましたのでどうしたものかな。

往路8時間30分 178km 20.9km/h 134/168拍


------------------------------------------
写真撮り、少し休んで帰路に。
予定より結構遅くなりましたのであんまりのんびりもしていられません。
長い下りですがウインドブレイカーも長指グローグも必要ありませんでした。

草津スキー場まで下りて、ソフトクリームを食べましたが、至福の味。


ここからは、六合経由で長野原、R145で渋川を目指します。
下りですが、結構疲れていますので慎重に下りました。
長野原草津口の駅から素直にR145のバイパスを下ればよかったのですが、何を思ったか旧道を走ります。誰もいなくて気持ちいいなんて思っていた私が無知でした。
廃止区間でバイパスまで上れとの指示・・・・。結構な斜度の坂を上りなおさせられました(T_T)

この後は、下り基調のバイパスを走って、長いトンネルの中ではバスとトラックにひやひやさせられながら走り、吾妻岩下のセブンで休憩。ここでもしっかり食事をしました。

再び、渋川を目指します。道なりにR353を走り、吹屋の交差点を右折して三国街道へ。
今度はひたすら南下して高崎の金古のセブンで休憩。
異常にオレンジジュースが飲みたくて一気飲み。


高崎の市役所まで南下して烏川を右岸に渡り、往路も走ったK25、R254へ。
神川八日市のセブンで最後の休憩。

ちなみに今回のライドの休憩はコンビニはセブンのみでした(別にセブン関係者ではありませんが)

ここで約300kmを走りましたので、寄居から輪行を決定。
寄居の駅近くで多少道を迷いましたが、何とか無事に渋峠ライドを終えることができました。

復路5時間2分 136km 27km/h 113/165拍
------------------------------------------
自宅まで完全自走も考えましたが、この後はよく走っている道ですし、久しぶりに輪行バックも使いたい、そして何より早く帰ってラルプデュエズを見たいというのも理由で輪行を選択しました。

パッキングに手間取り電車の時間にぎりぎりになりましが、何とか乗り込み無事帰宅しました。
途中、花火大会やらお祭り帰りのお客さんが多く乗ってきましたが、汗だくのサイクルジャージのおっさんの隣に座るのは嫌だったかもしれません。許してくださいね。

今回初めて300kmを超えましたが、やっぱりキツイです。
私はパット無しのグローブ使っていますが、流石に手のひらが痛くなりました。
直近だと富士スバルライン自走ライドで280kmを走りましたが、手のひらが痛くなったことはありませんでしたので、300kmでひとつハードルがあるように思いますね。
400、600とか走っている人は一体何物なんでしょう?凄すぎます。

ともかく、とても暑く大変疲れましたが、初の300km越え、初の渋峠(自転車での)でしたのでひとつの自信にはなりました。
(ただ、200kmくらいが楽しくていいなとも思いました^^;)

13時間32分 315km 23.2km/h 126/168拍 76回転
ページトップ