プロフィール

あゆ

Author:あゆ
40才になってからロードバイクにはまってしまいました。PINARELLO(ピナレロ) PARIS(パリ) 50-1.5に乗っています。今年は嫌ですが、速くなるためにヒルクライムを頑張ります!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

PINARELLO(ピナレロ)の白いヤツ!
40才を過ぎてからひょんなことからはまってしまったロードバイク乗りの日記です。他のことも書くかも知れませんが、主にロードバイクことになると思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第29回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍【レース編】
前日編からの続きです。

早く横になったにもかかわらず、なかなか寝付けず明らかに寝不足。レース前であることとシートが完全なフラットではないことが原因です。
今後の車中泊に備えてエアマットが欲しいところです。

5時位になるとほとんどみなさん起きだして、準備をしています。

また、ほとんどの人がローラ―台を回しているのも特徴です。流石です。

もちろん私もやりますよ。

高ケイデンスで回し20分で160拍くらいまで上げておきました。

肝心な天気ですが、雨がやや小ぶりとなっているので何とか走れるかなと思っていると再び結構な雨。


さらに、お山の上は風も強くて気温も低い模様。

中止?ショートコース?ここまで来たのにテンションはダダ下がり状態です。


その後再び雨が小ぶりとなり、結果的には30分遅れ1kmちょっと短縮した大雪渓までのコースでの開催となりました。

柔軟な主催者の対応は素晴らしいと思います。
スタート前にパシャリ。

 
チャンピオンクラスを皮切りにスタートが始まり、いよいよ私のクラス。結構後ろです。

この時には雨は止んでいました。

とにかくCP1までゆっくり入ろうと思っていたので、比較的ゆっくり目のペースで走ります。

かなりのスピードで走っていく選手もいますが、あわてず対処できたと思います。

CP1で水を受け取りますが、走りながら紙コップを受け取るのはなんかレースぽくっていいですね。紙コップを捨てられるのもよいです。

霧雨のような状態で路面が濡れているので、とにかくパンクには気を付けて走ります。

このあたりで、自分の感覚よりすこし速い選手をマークしてくっついて走ります。私含めて3人です。心拍を見ると170台なので明らかに上がりすぎですが、仕方ありません。

CP2前あたりだったと思いますが、2人の前に出るとそのまま一人旅。

時折狭くなる道幅のせいで追い越しにくく、結構苦労します。

また、コーナーのインとアウトでは結構な差がありますので、イン側を走らされると結構つらいです。

霧雨状態だった天気も時々てらてらと日がさしてきます。暑くなってきました。

また、トライアスロン風の方と抜きつ抜かれつを繰り返す感じはありますが、一緒に走る人がいなくてペースが作りにくい。

ただ、試走もしていないのでどの位で行っていいのか、よくわからない感じです。

森林限界を向えるころには、徐々に雲が切れ出し眼前には素晴らしい景気が広がります!

(写真は下山時のもの)

レース中で辛いのに思わず「最高」って叫んじゃいました。すると隣を走っていた女子ライダーが「本当いいですよね!」って反応してくれました。

森林限界から上は最高の景色ですが、心肺はすでに限界に近い。

あんな上かよってツッコミたくなります。

この九十九折を必死に上って、大雪渓でゴール。



ゴールして抜きつ抜かれつのトライアスロンの方と握手。健闘をたたえ合いました。

結果としては
1時間10分 170/177拍でした。年代別で130位くらい。

1キロ少しショートなのでフルコースだったらどうだったのかわかりませんが、ほぼ今の実力通りだと思います。

富士ヒルとしか比較できませんが、
年代別でのトップとの差が10分くらいでしたが、今回は14分くらい。

距離も時間も短いのに差が大きい。

順位でも富士ヒルが80位くらいが130位くらいとやっぱり乗鞍はレベルが高いです。

ただ、試走なしのぶっつけ本番であることと終わった後の疲労感(富士ヒルの時は動けないくらいだった)からしてもう少しはタイムを上げることができるようにも思えます。
(みんな思ってますよねネ^^;)

急増ゴールなので、人がごった返しています。天気も良くなったので写真をとったり、仲間を待っていたりでなかなか下山しません。(そりゃ気持ちいいもんね。)


私もしっかり写真を撮り、


しっかり着込んで下山へ。



所々止まり写真を撮りながら、下山。


スキー場まで降りてきました。


メイン会場でりんごを食べさせて頂き、参加証をプリントアウトしてもらいました。


温泉に入り、片づけをしていると、お隣さんも帰ってきました。
今回のお礼と来年の再開を約束して私は一足先に帰路につきました。


上高地からの道に合流すると渋滞発生。中央道でも毎度おなじみの小仏トンネルで渋滞し7時半ごろ長い遠足が終わりました。

初めての乗鞍でしたが、いろんな意味で来年も絶対出たい。

走り終えたばかりなのにもうそう思える大会はそうはないと思います。

今年のヒルクライムレースは終わりましたが、来年に向けて頑張ろうと思います!
スポンサーサイト

コメント

途中、晴れてからの景色はほんとに最高ですね。写真でもそう感じるんだから実際にはもっともっと素晴らしかったんでしょう。
試走できないぶっつけ本番のコースっていうのもある意味面白そうですね。
自分にとっては敷居が高いですがそのうち挑戦してみたいです(まずは抽選峠から?)。
[2014/09/08 23:29] URL | gon #- [ 編集 ]

gonさま
コメントありがとうございます。

景色は本当に最高です。まるでツールやジロを走っている気分になれます。7~10月までしか走れませんのでチャンスがあれば走ってみてください。

私も、今回初めての参加でしたのでエントリー峠の倍率はわかりませんが、来年是非申し込んでみて下さい!
[2014/09/09 06:45] URL | あゆ #u6oIT68Q [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kuayu.blog.fc2.com/tb.php/292-cf2c5cc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。