プロフィール

あゆ

Author:あゆ
40才になってからロードバイクにはまってしまいました。PINARELLO(ピナレロ) PARIS(パリ) 50-1.5に乗っています。今年は嫌ですが、速くなるためにヒルクライムを頑張ります!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

PINARELLO(ピナレロ)の白いヤツ!
40才を過ぎてからひょんなことからはまってしまったロードバイク乗りの日記です。他のことも書くかも知れませんが、主にロードバイクことになると思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月の振り返りと12月の予定
11月の走行距離は530キロほど。今月も少ないです。理由は明確。ひとえに膝痛に悩まされた月でした。初めてのひざ痛にストレスが溜まりました。

それでも10月にくらべれば、土日の天気も良かったので、ほぼ毎週両日とも走れました。
一方、日の出が遅くなり平日の朝練はほとんど出来ていません。これから平日は、ローラー台を回すしかないのかな。
でも12月は、忘年会の嵐ですので!平日乗れる日がどれくらいあるか…。

12月の予定で決まっているものは14日に会社メンバーと忘年会ライド。朝から夕方まで走り、温泉に入り、帰りは輪行です。
とこへ行くかはまだ未定ですが、いい場所、特に日帰り温泉をご存知の方がいれば、教えてください!

大掃除、クリスマス、新年の準備など色々ありますが、そのなかでも時間を見つけて走りたいです。

しかし、1年があっという間だ。
スポンサーサイト
11/30 モーニングライド 荒サイ北上
2時間45分 77km 27.9km/h 140/173拍 85回転

今日は10時までしか時間が取れないので、いつものように荒サイへ。
冬型の気圧配置なので北上します。
理由は単純。
行きに頑張って帰りは追い風で気持ちよく帰ると言う事です。

先週のプチ激坂ライドで膝痛は、出なかったので、今日で出なければある程度、本物かと。

それでも念のため、出だしはゆっくり。寒いけどけど天気は最高。荒川に出ると富士山が綺麗!


とにかく、足を真っ直ぐおろしてリズムよく漕ぎます。向かい風が多少キツイけど、気持ちがいい。膝も問題ありません。変な予兆もありません。

時間の関係でここで折り返し。


帰りは、多少横風区間もありますが、総じて追い風!
最高に気持ちがいい!

今日はあっちの方で、激坂アタックしているんでしょうね。


最後まで落ちずにしっかり走れた。
そして、膝も問題ありませんでした。

ここ1ヶ月半が嘘のようです。

やっぱり、膝に不安がないと全然ストレスが違いを感じます!

久しぶりにしっかり走れて良かった。
プチ激坂ライド番外編 試乗会
プチ激坂ライドからもう一週間がたちます。楽しく印象深いライドでした。

最後の埼玉のラルプ・デュエズのインパクトが凄かったので、他の出来事が薄くなっているのですが、 take-iさんのこの記事に触発され、昼食前のプチ試乗会ことを書きたいと思います。

一本杉峠を下り終え、黒滝三本の入口で一休みします。というより、私を待っていて頂いた感じですが。

今回は参加の皆様のべダルは、全員SHIMANO SPD-SLです。 そこで、皆さんのバイクのプチ試乗会アンド見学会をさせて頂きました。(一台は乗りたくても乗れませんが。)

まずは、
今回のルートと引いて頂きましたyabooさん" の
SPECIALIZED SECTEURです。


SPECIALIZEDは、個人的にも好きなブランドです。私もPARIS購入に際し、最上級モデルのSタマやベンジを検討しました。Sタマは最後に残った一つです。(硬くて歯が立たなかったので断念しました)

ロードバイクの本場はヨーロッパ。サイズもある程度大きいモデルが基本に作られています。やっぱり、このくらい大きさがあるとカッコイイですねぇ!シートポストも長くて羨ましいです。持たせて頂くと若干重いですがこれで山をスイスイ登るyabooさんは凄いです。

しかし、乗ることはできません…。
それはあまりにもサイズが違うから…。
yabooさんは背が高いですからね。
ご自身のブログ(こちらの記事)にも書かれていますが、逆にyabooさんは誰のバイクにも乗っていませんでした。(すみません(汗))
もうすぐ、新たな相棒がやって来るとのことですが、2台体制でさらに楽しみが増しそうですね。2台目もまた見せて下さい!

続いては、今回ははじめましてでした 24WEさん
RIDLEY EXCALIBUR


黒でまとめられてカッコイイ。実はRIDLEYも結構検討しました。それこそこのEXCALIBURの後継にあたる、2013FENIXは価格が比較的安く(14万くらいでした)、性能はあの石畳でプロが乗って勝つわけですから、最高ののコストパフォーマンスです。RIDLEYは価格に対して総じて性能が良い気がします。

こちらは乗せて頂きました!
take-iさんのブログにもあるとおり、まずは、乗り心地が良い!
でも、少しだけしか乗ってないのにインプレなんてできませんが、ただ乗り心地が良いバイクではない気がします。中高速でも伸びる気がします。クセがなくレースでもロングライドも山も行けるのでは?(あくまで、ド素人の感想ですよ、間違っていても許してください)
走っている姿を見て24WEさんの乗り方が上手いのでしょうけど、とても一体感がある感じしました!


最後は今ライドの主催者のtake-iさんの
TREK MADONE5.2


こちらも黒ですねぇ。締まってます。
TREKといえば、カンチェラーラです。一番好きな、ロードレーサーの一人です。よって欲しかったんですよ、MADONE。でも試乗した時に僕には残念ながらピンとこなかったんですね。
ただ今回乗せて頂き、印象は全然違いました。(あの試乗は何だったんだ)
凄く進みます。僅かな登りでしたが、少なくともPARISよりは登りは強い気がします。それも直進安定性もいい。
また、一体型のブレーキです!空力的に優れているのでしょうね。走るために生まれてきたバイクです。
アメリカ系とヨーロッパ系の違いを感じます!

一緒に走らせて頂くと走る以外に人のバイクを見たり触ったりそれについて話したりと楽しいことが多いですね。

勝手に人のバイクを紹介しちゃいましたが、ホイールやコンポも触れたいのところ。でも長くなるので、このへんに。

また一緒に、走ってバイク談義したいところです!
膝痛とその後
現在の膝痛は、全く痛みはない状態です。

先週まではライド中の痛みはもちろんでしたが、ライド後も違和感が多少残っていたり、体勢によって違和感が出たりとモヤモヤ状態でした。

そもそも発生したのが10/13の道の駅ごかまで走った時。
この日はジャパカップや待ち合わせ場所までの試走でしたが、すごくペダリング特に引き足を意識して乗りました。

よく本やネットにある『靴裏の泥を落とすイメージ…』ってやつです。

私自身ペダリングがどうしても踏む感じで、お尻やハムをうまく使えていないように思えたので、意識して漕ぎました。

今まで、始めた頃クリートのセットで膝が痛かったことはあったのですが、それ以外では初めて膝に痛みが出ました。
この時痛みが出たのは、右足の膝上外側。 ネットで調べる限り「腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)」かな?

ここからは迷いが迷いをよんでいきます。整形外科に行っても異常はないと言われ、スポーツ整体にも通いましたし。
自転車関係だとクリートの位置、サドル高、ペダリングetc…いろいろ試しましたが、結果的には、抜本的な解決には至りませんでした。

今回川ポタライドに参加するにあたり、この時の記事にも書きましたが、膝の痛みが出てみなさんにご迷惑をかけるのが心配でした。

ただ結果的に ちゃりんこ役場のtake-iさんに当日アドバイスを頂いた、引き足をしばらくやめたほうがよい(引き足を使うとペダリングの際が真直ぐにならないため←あってます?)を実践したところ、川ポタからプチ激坂ライドに変更されても全く痛みは出ませんでした。(正確には右足のには。反対側の左足にはわずかに違和感がありました。)

そして翌日。

朝起きても違和感はない。これは両足共にです。これだけのライド後でしたので、多少痛みが出るかなと思いましたが、全くありませんでした。
それに、ここ最近ライド後太ももの外側に張りがあったのですが、今回はそれもありませんでした。

こうなると原因は明確で引き足だったと思われます。

発生した日したことを考えるとそこに原因があるだろうと思われるでしょうが、むしろ引き足を使う事が大事だと思い込んでいた為、ドツボにハマった感はあります。

言われてみればといった感じでょうか。

あとこの日に向けてやったことがもう一つ。
サドル高やクリート位置を納車状態に戻しました。これもあれこれいじったので。

これから先また痛みが出るのかそうでないのかはわかりませんが、本やネットの理論だけで色々やると危険だなと強く感じます。それに、ポジション、ペダリングでも全く正反対考え方もありますしね。

とにかく、今はかなりは不安がとれてよかってです。今回はtake-iさんの一言に救われた感じです。本当に感謝です。
ただあまり無理してもいけないので、油断せず、様子を見ながら走っていきたいと思います。
川ポタのはずが…埼玉西部プチ激坂ライド(後編)
さて、後編です。

一本杉峠から下り、食事の予定地の 越生庵甚五郎へ向かいますが、下りが気持ちよく通り過ぎてしまいまして再度戻る事に。

私は、ここに春にきていますが、その時と同じカレーうどんを頼みます。
これで中盛です。


このお店はサイクリストは100円引きですし、量も味も満足です。

食事をしながら話題となるのは、このライドの前にyabooさんがつぶやいていた、埼玉のラルプ・デュエズに行くかどうか。

ご存知の方は多いと思いますが、Jスポーツで放送された、自転車のススメの第三回(2013年版)で中山選手と栗村監督がモノマネをかけて競った山です。
この放送では距離は1km少しで、平均斜度14.8%、最大20%とのこと。かなりきつそうです。

結局、満場一致で行く事に。(take-iさんも含めてですよ)

痛めているヒザの反対側の足に少し違和感がありますが、問題にならない程度なので私も頑張ります。(結果的には、この後もここ一ヶ月で一番いい状態でした。前編でも書きましたが、take-iさんのアドバイスがききました。改めてありがとうございます!)

店を出てすぐに、yabooさんの全く迷いのないガイドのもと、梨花カントリークラブ方向へ。このゴルフ場の中を超える道があり、そこを抜けラルプ・デュエズへ向かいます
が、なにげにこのゴルフまでの道が、結構な坂じゃないですか!
何とか越え、少し下りますとテレビで見た光景が広がります。

ここです。

take-iさんがここでも先発!
その後はyabooさん、私、24WEさんの順で登りました。

登り始めから凄いですが、更に斜度が増していく感じ。(実際にはわかりませんが)
ある程度登ったところで、速度は余裕の一桁台。4~5kmでしょうか?かなりキツくなり、ダンシングで思いっきり踏んだ時、左足のビンディングが外れて万事休す!
バランスを崩して足をついちゃいました(T_T)
しかし、ある意味ビンディング外れてラッキーでした。いずれにしろこのあと、足をついたでしょうから…。

もうここからは、自転車に乗ることが怖いくらいの坂なので、ひたすら押して登ります。

しばらく行くと、yabooさんが止まっています。
更に斜度が増す、核心部を前に心が折れたそうです。
ここです。

写真だとわかりづらいのですが、実際行ってみるとハンパありません。この前の区間でもかなりキツイのに、ここへ来ると壁のようです。
ここからは膝痛コンビで押して上がります。

この区間を超えると幾分斜度が落ち、程なくゴールです。


ゴールにはtake-iさんが、待っていました。GARMIN上は25~26%はあったようです。
yabooさんは、さっきの壁をクリアできれば登れたと悔しそう。
24WEさんは、ゴールの少し上にあるピークに行かれたとのこと。yabooもそれに習い上に行かれました。(お二人、なんて元気なんですか!)
私もサイコンを確認したところ、自身の最大心拍更新!
まだまだ経験も浅く、有名な坂を登っているわけではないのでなんとも言えませんが、少なくとも私が登ってきた坂では一番キツかったように感じました。

私は、こんな様子。(自転車に私の代わりをしてもらいました)


しばし休んでから下りますが、下るのも怖いです。
もうすぐ登り口という所でイノシシが山の中を走っていきます。慌てて写真を撮ろうとスマホを取り出しますが、残念ながら撮れず。
やっぱり、すごいところです。

近くに埼玉のピレネーもありますし、フレッシュな状態でもう一度チャレンジしたいところですが、しばらくは遠慮しておきます(苦笑)

ここからは基本山がありませんので、もう帰るのみです。
田中のファミマで補給し、帰りは荒サイということになったので、道案内を兼ねて先頭を走ります。今までずっと引いてもらっていたので少しは先頭を走らないと。(が、take-iさんにちょくちょく代わってもらいました)
物見山を抜け、戸守のローソンで最後の補給。ホンダエアポートから荒サイに入ります。
ひと区間で、take-iさんとはお別れ。

やっとご一緒できましたね!次回もよろしくお願いします。

ここからはかなり暗くなっていきます。
荒サイ左岸を秋ヶ瀬公園手前のR463までご一緒し、 yabooさんと24WEさんとお別れします。
お二人、ありがとうございました!


荒サイを走っている最中からですが、フロントライトの光が弱くなってきたのでコンビニで電池交換し、帰宅しました。(yabooさんのライトで走らせてもらったようなものです。)予備電池をしっかり持ってこないといけませんね。

レースとその練習以外では、久しぶりの終日ライドでしたが、天気にも恵まれ、本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました。

お三方、本当にありがとうございました!
私はなかなか終日時間がとれないのですが、また是非ご一緒して下さい。

本日の走行データ
5時間41分 124km 21.8km/h 135/183拍 73回転(走り出し、結構止まっていたのであてにならないかも)
川ポタのはずが…埼玉西部プチ激坂ライド(前編)
楽しみにしていた埼玉西部川巡りライド(通称川ポタ)に行ってきました!

久しぶりの丸一日かつ1週間ぶりのライド。 メンバーはちゃりんこ役場のtake-iさん埼玉西部グルメライド でお世話になり、今回のコースも設定して頂きましたyabooさん、それに私は初対面になります、24WEさんです。

ただ、タイトルにあるように川ポタは埼玉西部プチ激坂ライド(タイトルはyabooさんの速報より)になってしまうのですが、この時は知る由もありません。

ただ楽しみの半面不安もありました。それはここ、一ヶ月くらい悩まされている膝の調子です。先週も痛みが出ましたし、今回は一人ではないので僕のせいでみなさんにご迷惑をお掛けするのも嫌なので、途中離脱も覚悟の参加になりました。


待ち合わせは川越六軒町のセブン-イレブン。最後まで服の選択に悩み、ギリギリの到着になってしまいました。もちろん、皆様おそろいでした。お待たせしちゃいました、すみません。

補給やトイレを済まして、川へ出発です。多少道に迷いながら、高麗川の川沿いを南下します。
しかし、ここからがすごかった。ダートが始まったかと思うと、道がなくなったり、シクロクロスよろしく畑みたいなところを歩いたりとロードバイクで走るような感じてはありませんが、探検気分で面白かったです。

こんなところを走ってきました。


川沿いを離れ、一回目の休憩地の弓削田醤油の醤油王国に到着です。

こんな駐輪場があります。


ここでのお目当ては醤油ソフト。少し茶色がかってます

味はみたらし団子みたいな感じでしょうか?甘じょっぱくて美味しいですよ!
その他にも卵かけご飯は食べてみたかった。
川ポタはここで一旦終了。ここからは今日唯一の山岳コースです(になるはずだった)ここまではゆっくりしたライドでしたが、ここからは膝が心配です。take-iさんから引き足を使わないアドバイスを受けます。たしかに膝に違和感が出た日は、引き足を相当意識したライドでしたし、このところずっとそのようなペダリングをしていた気がします。
(結果的にアドバイス通り、引き足を一切使わないで走ったらこの日ついに問題の右足は全く痛みは出ませんでした。take-iさん、アドバイスありがとうございました。)


目的の一本杉峠、北向地蔵方面へ向かいます。
途中、高麗川CCの正門を過ぎると左手に何やら展望台の看板が。
ここで行くか行かないの話になるのですが、take-iさんが率先して登り始めましたので、皆さん追いかけます。(坂、お好きだったのですね!)
距離は短いもののそこそこの斜度とダート箇所もありました。頂上につくとチョットした広場的なものがあります。

そこからすぐ上に展望台があります。
ここからは素晴らしい景色が望めます。

こんな感じです!


しばらく景色を景色を楽しんで、まずは北向地蔵へ、アタックです。
鎌北湖方面からは登ったことがありますが、始めがかなりの急登でしたので、こちらからもキツイだろうと想像できます。案の定キツイのですが、ここでもtake-iさんが意欲的に登っていかれますのでそれに続きます。(やっぱり、take-iさん、坂好きじゃないですか!)

少し休憩し、一本杉峠へ。ピークまで登りきって下りに入ってすぐに、take-iさんがパンク。峠に先行していたyabooさんと24WEさんにお伝えしに行くとyabooさんがお手伝いに登り直しに行かれます。(yabooさんも膝に不安があるのにタフですねぇ)
峠で待っているとお二人が戻ってこられ下山します。

ここからの下山道は初。こうなると落車以来の少女のような下りになってしまいます。知っている道だとある程度大丈夫なのですが、初見の道だとどうしても駄目です。
皆さんをお待たせしちゃいました。

お昼を食べに越生庵甚五郎へ向かいますが長くなりましたので後編へ続くことにしたいと思います。
11/17 モーニングライド
2時間52分 62km 21.6km/h 101/162拍 68回転

昨日頑張ったので、今日は回復走と膝の状態を確かめには物見山まで。
朝は、前日より寒く感じる。
ゆっくり漕いでいるせいもある。膝は問題なさそうだが、疲れは溜まっている感じ。

物見山を登ると、シッティングだとわずかに痛みを感じる。ダンシングだと問題ないので、やっぱり、べダリングの問題かな。

物見山から荒サイへ。そうすると、逆の足に違和感が。かばい足っていうやつか。
悪化させるのも嫌なので、かなり負荷を下げて漕ぐ。

自転車を降りると痛みはないが、なんともスッキリしない。

しばらく続くかな。
11/16 モーニングライド 忍城
3時間19分 83.1km 25km/h 119/163拍 87回転

今日の膝の具合を確かめながらのライド。飽きることもなく荒サイを北上。30kmまでは全く問題はない。
荒サイを離れ、行田市内を忍城まで。このあとインフルエンザの予防接種の予約があるので、すぐに帰路へ。

そこでまた膝に違和感が。場所は右膝上の外側。やっぱりここかという感じ。
そこで、改めてべダリングを意識しての内側で踏む。そうすると、全く痛みはない!
多分、がに股気味に漕いでいたんだと思う。
その後はかなり負荷をかけて、30km巡航したが、痛みは出ることがなかった。久しぶりに全力で漕ぐことができて嬉しかった。

明日は、登りも走って様子を見たいと思います。
PINARELLO PARIS(ピナレロ パリ) 2013の重さ
当ブログに『ピナレロ パリ 重量』と検索されてお越しになられる方がけっこ多いので、この度測ってみました。

私は、あまり重量を気にしていませんでしたので、測ったことがなかったですが、現在の状態で、7.6kgでした。

私のフレームは、2013のPARISで
フレーム:PARIS® 50-1.5 Carbon 50HM1.5K Torayca®
フォーク:Onda™ FPK Carbon 50HM1.5K 1” 1/8 1” 1/2 Asymmetric integral system
シートポスト:フレーム付属です。
サイズは46.5。

フレーム以外の現在のスペックは

ホイール:FULCRUM RACING3 2WAY-FIT(2012)11速対応フリー交換 1595g
タイヤ:Hutchinson Fusion3 tubeless 280g×2=560g
コンポ:SHIMANO ULTEGRA 6800 EX) SM-BB9000(DURA-ACE)2339g
ハンドル:DEDA ZERO100 248g
ステム:DEDA ZERO2 135g
サドル:fi'zi:k FDJ ALIANTE GAMMA K:iumレール TEAM EDITION 2012 259g
バーテープ:fi'zi:k TEAM EDITION 2012付属品 80g
ペダル:SHIMANO 105 322g
ボトルゲージ:ELITE Sior Mio Race 40g×2=80g
サイコン:キャットアイv3 64g
です。
この状態で、測っています。
※上記重量は、基本カタログ値です。

上記を足し込むと約5.7kg

実測の7.6kg-5.7kg=1.9kgがフレーム、フロントフォーク、シートポストの重量になります。
(厳密に言えば、ケーブルも含まれています)
これは測ったわけでも、メーカー表示があるわけでもないのであくまで一般的な商品の数値ですが、
フロントフォークが、300~400g
シートポストが250~300g
シマノのブレーキ、シフターワイヤーのそれぞれアウター、インナーの合計が約250g(長さによりますので、あくまで大体です。)ですので、大体平均して見るとおよそ900g。

そうなると、1.9kg-0.9kgで

1kg(1000g)
が、フレームの重量になります。

もともと言われていることですが、PINARELLO PARISは、決して軽いフレームではありません。トップモデルのDOGMAからPINARELLO全体に言えることです。
30km/hを超えてからがこのバイクの真骨頂だと思っていますが、そんなことにも重量は関係しているかもしれません。

改めて計測してみてやっぱり、ホイール、タイヤが重いですね。練習にはとても良いですが、レースやヒルクラには少し物足りません。(ただの物欲と脚のない言い訳ですが、汗)

ホイール、タイヤ、ステム、ペダルは、前からの使い回しなので、まだまだ軽量化が図れます。この辺りを変えれば、UCI規定の6.8kgも切れると思います。UCIのレースに出れるわけではないので、関係ないですけどねぇ~。

昨今の軽量フレームに比べれば、やはり、重いほうかもしれません。ただ、ヒルクラに特化しなければ、全然問題ないと思っています。

何かの参考になれば!
11/10 モーニングライド 荒サイ南下
2時間28分 52km 21.5km/h 93/143拍 70回転

昨日、膝周辺の違和感は外側に集中した。明確になったのは、外側を踏んでるということ。ネットで調べて、クリートの母指球側に1mmのワッシャーを入れた。
さらに今日は、昨日以上に踏まず、負担がかからないようにゆっくり走った。

結果は、まずまずと言える。あまり踏まなかったので、足も痛くない。ワッシャーを入れたお陰で、明らかに母指球側で踏めている。
しばらく継続してみたい。

今日は昨日と反対に荒サイを南下。
元々、足の関係もありあまり距離を走るつもりがなかったので、工事箇所を確かめがてらです。

右岸を岩淵水門までは問題なし。水門を過ぎてすぐ、工事が始まります。去年もやっていた場所で今年は上をやるみたい。


看板を過ぎるとこんな感じ。

砂利道を走らないていけないし、ちょうど走り始めから25kmくらいだったので、今日は、ここで折り返しました。

荒サイは冬に工事を行いますが、個人的にはむしろ夏よりも冬走りたい道なので、迂回や減速は面倒ですが仕方ありません。

膝に少し光明が見えたので、少しづつ距離を伸ばしていこうと思います。
11/9 モーニングライド 荒サイ北上
3時間3分 75km 24.7km/h 113/151拍 77回転
レース以来の自転車。
膝周辺の違和感を確認しながらのライド。いつもとは違い、ゆっくりペダリング。
荒サイを北上し、荒サイから森林公園方面の分岐までの往復。

ここで折り返します。


天気は予報ほど良くなく、曇空。気温的にも寒そうだし、今日はペースもゆっくりなので厚着で。ジャケット、冬タイツ、中は半袖、ハーフのシューズカバー。

走り出しは好調。フォーム的に良い感じ、とにかく丁寧にペダリングしハムとお尻の筋肉を意識する。
このコースだと普段は休むことはないが、今日は、吉見運動公園で休憩。道中もすれ違う人はまばらたったが、ここでも誰にも合わなかった。トイレとココアを補給。すぐに出発。目的地で折り返すがこのあたりから膝周辺に違和感が。踏まないようにかばいながらのペダリング。
そうこうしているうちに、逆の足まで違和感が出る。かばったせいだと思う。

時折痛みが出るが、漕げないほどではない。
ただこれ以上はやめたほうがいいと判断し、帰宅。

結局、75キロしか走れなかった。
自転車を降りると大して痛くないので、やっぱりペダリングに問題がありそう。

ロード始めて今まで膝が痛くなったことはなかったが、こんなに長引くとは思わなかった。痛みが出てからもう一ヶ月近くなるが、ストレスが、貯まります。
11/7 ローラー台で流し
膝周辺の違和感もだいぶ無くなってきたので、朝走ろうと思ったが、布団から出れない。
よって、仕事から帰ってきてローラー台。
レース後初めての自転車になります。

いつものローラーメニューではなく、あくまで膝周辺の確認とマッサージ師の方に言われている股関節を逃さないよう(ずらさないよう)に意識してのペダリングに終始。

時間にして40分。サドル高とクリート位置を若干修正して終了。

特段痛みは出なかったが、膝周辺に多少の違和感がある。まだ無理しないほうが良さそう。

明日は、LSDペースで淡々と100キロほど走る予定。膝周辺が大丈夫だといいが。
荒サイを北か南かどちらかを走ります。
股関節が固い!?
先日出場した、全日本7時間耐久サイクリングin袖ヶ浦ですが、JCAの主催でしたが、いつものようなケータリングカーや出店的な物はなく、静かに運営されていました。
参加賞も、水のみで寂しい感じ。11,000円も出しているのに…。

ただ、コンディショニングトレーナー兼マッサージ師の方が、無料でマッサージをしてくれるサービスがありました!

レース前も膝も痛かったし、自分の番手終了後、マッサージを受けてきました。
マッサージ自体は気持ちよかったのですが、そこで自分の体のことを指摘してくれました。
①まず、股関節が固い
②それにより、股関節が骨盤から外側にづれている
③なので、足の外側の筋肉ばかりが発達し、インナーやハム、お尻の筋肉が体ほど発達していない。
④膝の痛みも、股関節が固いのと外側にづれているのに、無理やりお尻やハムを使おうとして、無理がかかった可能性が高いとの事。

これは自分でも思い当たるところがあります。
確かに、結構前から股関節の外側にハリを感じていました。痛みではなかったので、放置していましたが、股関節の固さを楽にするために、股関節自体を外に逃していたんですね。

さらにその方いわく、このままだとアウターマッスルだけなので、自転車の能力も伸びない可能性が高いし、故障の可能性も高くなるので、まず股関節を柔らかくし、正しい位置でペダリングすることを意識するように言われました。

お尻とハムが使えていないとなると、自転車乗りとしては、致命的ですので、すぐに改善をしなければなりません。

まずは股関節を柔らかくストレッチをしっかり行います。
次に股関節を意識した(横に逃さないで正しい位置を意識する)ペダリングを心がけることが大事だし、それしかないようですので、この冬はこれをテーマに乗り込みたいと思っています。
10月の振り返りと11月の予定
10月はなんと310kmしか走っていない(T_T)
ロードバイク乗りとは思えないと距離。
2日分の距離ですね。

落車して10日まるまる走らなかった8月でさえ、700kmは走ったのに。

原因はひとつは膝痛。もうひとつは天気。それに運動会をはじめとする行事。
楽しみにしていたジャパンカップの自走観戦ツアーも天気が悪く行けなかったし、一番いい季節に走れず残念でした。

10月はともかく11月の予定ですが、すでに全日本7時間耐久サイクリングin袖ヶ浦に参加しました。詳細は先日書いた通りです。
今後は、特に予定がないのですが、朝寒くなって来たのと日の出が遅くなってきたので、朝練からローラー台練になって行きます。
よって実走は、週末のみとなると思います。

先日のサイクルモードでお会いしたtake-iさんとは、11月中にご一緒するお約束をしたので是非実現させたいところ。

膝痛もだいぶ良くなったきましたが、あまり無理せずLSD中心で距離を走って行きたいと思います。
サイクルモード
11/4の最終日サイクルモードに行ってきました。

当初、お金を出してまで行くつもりはなかったのですが、PINARELLOのファンサイトであるピナクラブから招待券をいただきましたので、急遽行くことに。

ピナクラブさんありがとう!


11/2はレース、その流れで11/3は鴨川シーワールドと予定があったので必然的に最終日になりました。

どうせ行くなら自走するつもりでしたが、天気は残念ながら雨。
予報は回復傾向ですが、全然止まないので、電車で行くことにしました。休みの日に電車で且つ遠出はしたくないのですが、天気には勝てません。それに昨日も幕張を鴨川からの帰りに通過したし、なんか損した気分です。

前日までの疲れもあり、昼頃の到着を目指してのんびり家を出ようとする頃、JCRCの同一レースに出たことをきっかけに交流があるちゃりんこ役場のtake-iさんから連絡があり、会場にいるとこのと。

このtake-iさんとは何度か一緒に走ろうとしているのですが、雨で流れ続けてきました。

12時過ぎ頃、幕張メッセに到着し、なんの下調べもない私は会社の仲間が来るまでぶらっと見て回っていると、take-iさんから連絡があり、キャットアイブース付近でお会いできました。
サイクルジャージではなく、私服でお会いすることになると思ってもみませんでした。
しばらくご一緒させていだだき、私の会社の仲間が到着した頃、11月中のライドのお約束をして、お別れ。
take-iさん、昨日はありがとうございました、是非今月中一緒に走りましょう!

その後、会社の仲間と合流し、ぐるぐる回ります。

レースをやるようになってパワーメーターが欲しいこの頃ですが、GARMINのパワーペダルほしいけど、高すぎます。
でも、漕がせていただきました。

こんなのも漕ぎました。

楕円は初めてでしたが、なれるまで違和感が少しありますが、すぐ慣れ意外に漕ぎやすかったです。

あとはサドルサイズを測ってもらったり、シマノの新しいポジションシステムを見たりしました。これはちょっと楽しみです。

私の今後の最大の大物買いになるであろう、ホイールです。

こちらか


こちら


あとは、ミーハーに自転車連発
ハイ、フルーム様


ルイコスタ様


ついでにドグマ3連覇のポールスミス


あとゴリラ様、いやグライペル様


こんな看板もありました。フィジークですね。


まだまだいっぱい撮りましたが、この辺にしないとえらい事になりますで辞めときます。

アメリカ系が参加されていませんが、楽しいイベントでした。
来年は自走かつもっと早く来て楽しみたいなぁと思います。
全日本7時間耐久サイクリングin袖ヶ浦
今シーズンラストレースの全日本7時間耐久サイクリングin袖ヶ浦に参加してきました。

今回は袖ヶ浦ということで、神奈川組に場所取り受付をまかせ、僕は家族帯同で4時に埼玉出発。

比較的順調に走り、袖ヶ浦フォレストレースウェイに到着。
携帯を見てみると、場所取り部隊は車載に手間取り&アクアラインや渋滞にハマったようで、到着が大幅に送れる見込みのメールが。
受付用紙は持っていないのですが、事情を話して受付はokとのこと。
ピットの場所取りも済ませて、1人で試走。道幅も広く走りやすい。コーナーは2ヶ所気をつけたい感じです。



今回は、4人で7時のチームエンデューロに参加ですが、うち一人がインフルエンザに感染し参加できず、交代要因でロードバイク歴2ヶ月の新メンバーが参加します。(事務局に確認したら、交代をokとのこと)
試走終了5分前にやっとほかメンバーが到着し、新メンバーのみ試走。
ドタバタの中、何か間に合いました。
ただ、こんな状態なので、スタートは私に変更。私は当初、3番手の予定だったのに。

ということで、スタートに並びます。今回のレースは土曜日のせいか、それとも宣伝不足なのか、それほど参加者が多くありません。
4時間ソロの方は90人位はいますが、チーム7時間は30チーム弱。
ライダースミーティングが始まりますが、すぐに終了。予報より天気が悪くスタートまで寒い中待たされることに。MCの方が体操をリードします。いつも思うのですが、スタートまでの時間が長過ぎます。

やっとスタートします。ここは名物のようですが、サイクリング協会のえらい方が法螺貝を吹いての合図です。
一周目は完全にローリングスタートで2周目に入る直前にバイククラクションとともに本格的にレース開始。

スピードが上がりますが、ついていける速度。懸念だった膝の痛みも出ません。実質的な2周目の第一コーナーの立上りのやや上り勾配で落車発生。
おー、こわ!
目の前での落車はやはり気分がよくありません。
その後は、かなりの大集団で周回を重ねます。4時間ソロの方が多いので、速度はそんなに速くありません。集団のまま規定通りの周回を終えピットへ。

3番手の初レース参加のメンバーはわずか3周で帰ってきますが、楽しかった様子。
その後は、春以来のエースが走ってくれます。やっぱり余裕の走りです。次の私のために集団からアタックし、ピットの交代を終えて間に合うようにしてくれました。お陰で楽に集団に乗ることが出来ました。



今回も集団で走れますので楽ちん!膝も問題なく、規定通りの周回を終え次にバトンを渡すべく用意。先ほどしてもらったことをしようと集団からアタックしますが、ピットの入口付近で足にきます。情けない!
ピット交代の間で、集団は行ってしまう感じです。ただ、交代メンバーがレース初参加のメンバーだったので、どのみち集団について行けなかったでしょうから、許してくださいね。その交代ですが、チェーンを外したり、クリートがはまらずフラフラしたりと、初心者丸出しでしたが、微笑ましかった。私も一年前はあんな感じだったのでしょうから。

4時間ソロがコールすると、サーキットはガラガラ。集団がほとんどなくなってしまいました。



3回目の私の番はほとんどソロ。挙句に雨も降り出します。それでも2人のパックについて走り始めますが、最終コーナーで後ろから来た方が単独落車発生。高速でコーナーに入りグリップを失ったようです。それを避けようと、私も停止。
二人は行ってしまいました。
ここからは単独走を強いられます。この頃になると、膝に違和感がやって来ます。単独なので、あまり無理せず、交代ですしました。この交代時には私の意思表示がうまく伝わっておらず、ピット内は用意しておらず、慌てて交代時。あーやってしまいました。(うちのチーム毎回だな)

その後は、雨が強くなる中みんなが頑張ってくれ、無事GOAL。

順位は一桁でフィニッシュ。(と言っても20数チーム)
表彰台争いには絡むことはありませんでした。

それでも、ロード歴、2ヶ月で初レース参加者を加えた割にはまあまあだった思いますし、みんなで走れるとやっぱり楽しい!

今シーズン最後になるレースでしたが、無事に楽しく走れて本当に良かったです!
11/1モーニングライド
45分 18km 24km/h 80回転 心拍計不調のため計測できず。

霧の多い朝でした。


昨日も整骨院に行きマッサージ。膝の具合は大分、改善している。
今日もスタートはゆっくりで、荒サイでスプリント。全力で漕いだが痛みは出なかった。多少違和感はあるが、一時期に比べればかなりの改善と言っていいと思います。

明日は今シーズンラストレースの全日本7時間耐久サイクリングin袖ヶ浦。
なんとか間に合ったので、仲間と楽しんで走りたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。